タクシー運転手の実態|今稼ぐならタクシー運転手!タクシー求人に応募しよう

タクシー運転手するならより多くの収入を得られる東京で

仕事内容について

タクシー運転手は1日あたり15~20時間勤務していることが一般的といわれています。ただその間ずっと運転しているわけではもちろんありませんが、お客様がいなければ成り立たないので、お客様を探しながら走る流し営業や予約のお客様を迎えに行ったりしてお客様の獲得をします。

タクシー運転手の実態

タクシー

気になる給料

タクシー運転手は歩合になる要素がとても大きいのが特徴です。売り上げの50%が給料として支給されるところが多く給料も基本的には自分次第で、同じタクシー運転手でも人によって収入には大分差が出てくるようです。

全国と東京の比較

全国のタクシー運転手の平均年収は298万です。しかし東京のタクシー運転手の平均年収は400万と約1.5倍です。全国で年間でタクシーを利用する人の数は15億ですが、そのうち東京でタクシーを利用する人は年間で3.3億人にものぼり、なんと1/5は東京で利用しているということになります。

仕事のやりがいや魅力

タクシー運転手は1日で多くのお客様を乗せるので、「ありがとう」と感謝された時はもちろん、様々な人達と出会っていく中で自分自身が成長することもできます。また何より頑張った分だけお給料に反映されるというのは大きな魅力であり、頑張ろうというモチベーションにも繋がります。